先輩インタビューINTERVIEW

先輩一覧

  • 先輩社員01
    笠 原 慎 平

    SI事業部
    2014年入社

  • 先輩社員02
    池 田 栞

    管理部
    2017年入社

  • 先輩社員03
    勝 野 智 臣

    技術部
    2016年入社

  • 先輩社員04
    森 下 滉 大

    SI事業部
    2018年入社

  • 先輩社員05
    志 水 綾 祐

    技術部
    2017年入社

INTERVIEW 01

笠 原 慎 平Shinpei Kasahara

SI事業部
2014年入社

先輩社員01

TASの魅力は?
社員同士のチームワークや結束力の強さが魅力だと感じています。仕事をしていく上で、誰しも必ず壁にぶつかるときがあります。どうしてもうまく出来なかったり、自分では判断できなかったりしたとき、TASには頼れる上司やサポートしてくれる先輩が大勢います。今の自身の能力より一歩先の仕事を、上司や先輩のサポートを受けて成し遂げることで、自己のスキルアップに繋がっていく。TASはそういった体制が確立していると感じます。
これからの目標は?
私のこれからの目標は、「常に新しいことにチャレンジし続ける」ことです。入社してから約3年はハードウェアメンテナンス業務に携わり、技術や知識を磨いてきました。その後もハードウェアメンテナンス業務に従事する傍らで、新しいことにチャレンジしたいという思いから、情報システムの構築・運用サポート業務に携わるようになりました。ハードウェアから一転して、大きく異なる技術や知識が要求される為、苦労することも多くありましたが、「新しいことができるようになる」ときには大きな達成感を感じました。これからもチャレンジ精神を胸に、自己のスキルアップに努めていきます。
TASを選んだ理由は?
会社案内パンフレットに掲載されていた「ITを通じてお客様と未来を創る集団でありたい。」というワードが入社の決め手になりました。私の父がIT企業に勤めていた為、幼少期の頃からコンピュータに触れる機会が多くあり、IT技術への興味や関心は強くありました。高校は工業高校を選択し、プログラミングやソフトウェア・ハードウェア技術について学んでいくなかで、IT技術でなにかを創り上げる仕事に就きたいという思いが強くなっていきました。そこで、TASなら自分の思いと合致し、強みを活かせるのではないかという思いから、TASを選びました。
現在の仕事内容は?
主に富士通製品を主軸としたハードウェアメンテナンス業務を担当しています。パソコン・プリンタ等のOA機器からサーバ機器、ネットワーク機器に至るまで、様々なハードウェアの点検・修理対応を行うため、深い知識や技術が必要となります。お客様先の装置でトラブルが起きた場合は迅速な対応が求められるため、常に緊張感を持って仕事に取り組んでいます。責任重大な仕事で大変なこともありますが、無事にトラブルを解決した時にお客様から頂ける”感謝のお言葉”にやりがいを感じています。

INTERVIEW 02

池 田 栞Shiori Ikeda

管理部
2017年入社

先輩社員02

TASの魅力は?
TASは、若手社員が輝ける会社です。私は入社1~2年目から、新しい会社説明の資料やパンフレットの作成、インターンシップや職場見学会の責任者を任されました。わからないことばかりでしたが、上司がしっかりとサポートしてくださり、無事に終えることができました。TASには若手社員の意見にもしっかりと耳を傾けてくれる、発言しやすい風通しの良さがあります。責任のある仕事をむやみに押し付けるのではなく、上司は若手が成長できるような仕事の割り振り、サポートをしてくれます。
これからの目標は?
私のこれからの目標は、「自分の得意分野を見つけ、その道のプロになる」ことです。現在、採用や様々なインフラの管理、社内報の作成など色々な仕事をしていますが、「私らしく、私にしかできないこと」も見つけ、自分独自の仕事スタイルを確立していきます。
TASを選んだ理由は?
私は高校卒業後、東京の大学に進学しました。東京で就職活動をしていましたが、なかなか自分色を出せない選考が続きました。内定はあったものの、「ここでは私は成長できない」と感じて辞退し、6月からUターン就職に切替えました。大学からTASを紹介され、面接を受けてみると、面接官が私の言葉に熱心に耳を傾けてくださったことから、自分らしさを全面に出すことができ、「この会社なら私らしく働き、成長していける!」と思い、TASを選びました。
現在の仕事内容は?
現在は管理課で、主に採用担当として仕事をしています。大学等の関係者訪問や、合同企業説明会、インターンシップを通じて学生とコミュニケーションをとり、新たな人財の獲得に奔走しています。その他にも社内報の作成やインフラの管理など、様々なことをしています。どの仕事にも共通しているのは、社内外の人との連携が多いことです。年上の方にお願いごとをすることも多く、大変だと思うときもありますが、そんなときこそ自分が成長できると考えています。

INTERVIEW 03

勝 野 智 臣Tomoomi Katsuno

技術部
2016年入社

先輩社員03

TASの魅力は?
若手社員育成に力を入れている会社です。入社して1年間はOJTという形で、希望の部署を含め、3カ所程度の部署での研修を行い、配属先以外でもどのようなことを行っているか理解できます。研修先ではトレーナーという勤続年数3年以上の担当者が指導者となり、研修中に分からないことなどがあっても聞きやすく、研修中に困らないようになっています。また、懇親会などの交流会もあり、先輩社員の方などと話す機会も多く、親しみやすい会社です。
これからの目標は?
私の現在配属されている部署では、環境中の土や水、植物など、様々なものの環境測定を行っています。そのため作業内容が多く、年に一回しか行わない作業など、しっかりと行えるように覚えていきたいと思っています。また、化学分析として環境中の植物等に含まれている炭素のうち、炭素14を分取する分析作業があるので作業手順を覚え、早く確実に分析作業を行えるようにしたいと思います。
TASを選んだ理由は?
私が大学時代に研究していた内容は放射性核種をトレーサーとして使い、生体内の代謝を測定するというものでした。そのため、就職する際も学んだことが活かせる業務をしたいと考えていました。就職活動中に大学の就職支援センターに立ち寄った際にTASで環境測定をしている部門があることを聞き、自分のやりたい分野だと思いTASを選びました。
現在の仕事内容は?
現在は希望していた部署に配属されました。業務は様々なものがあり、空気中の放射線を測るのはもちろんのこと、原子力施設の周辺にある海や川の水、土や植物など環境試料の放射能濃度も測定しています。これにより、原子力施設周辺の放射線を把握し、常に地域の人々の安全を確認することができるため、私自身やりがいのある仕事だと感じています。

INTERVIEW 04

森 下 滉 大Kouta Morishita

SI事業部
2018年入社

先輩社員04

TASの魅力は?
TASはやりたいことができる会社です。私は、1年目から自社開発のアプリアイコンのデザインや、のぼりのデザインなど、得意なことを活かせるデザイン関係の仕事をさせていただいています。また、プログラミングやデザイン関係の講習なども多く受けさせていただいています。先輩や上司の方々もみなさん気さくで、会議での発言や、業務に関する相談などがしやすいのもいい点だと感じます。
これからの目標は?
これからの目標は「得意分野を伸ばしつつ、多様な技術を身につける」ことです。現在はデザイン関係の業務が主ですが、今後はホームページの保守や各種機器の設定など、多岐にわたる技術を身につけていきたいです。先輩方に教わりつつ個性を大事に頑張ります。
TASを選んだ理由は?
担任の先生の紹介でTASを受けました。採用試験当日、今まで面接を受けたことがなかったので、不安がありましたが、面接官が話をしっかり聞いてくださったことで、次第に緊張もほぐれ、思っていることを素直に話せました。そして、「ここでならやっていける」と思いTASを選びました。
現在の仕事内容は?
現在は開発側に配属され主にアプリのアイコンのデザイン業務を行っています。また、アイコン以外には、のぼりや椅子カバー、展示会で使用するパネルやノベルティ用のラベル等様々なもののデザインをさせていただいています。趣味が生かせる部分なので非常に楽しいです。それ以外では、ホームページの保守業務を行っています。最初は、分からないことも多く「自分にできるだろうか」と不安でしたが、先輩方がサポートしてくださるので、今では必要以上に気負わず業務にあたることができています。今後ともさまざまなことを吸収して成長していきたいです。

INTERVIEW 05

志 水 綾 祐Ryousuke Shimizu

技術部
2017年入社

先輩社員05

TASの魅力は?
TASは、上司や先輩社員の方との距離が近いことです。入社後からマンツーマンでトレーナーに仕事を教えてもらう体制があるので、職場に溶け込みやすいです。分からないことはもちろん、プライベートな部分でも相談しやすくなります。また、自分で考え意見を出していくことで、仕事に対する理解が深まっていく環境が整っています。
これからの目標は?
これからの目標は「会社にとって必要不可欠な人材に成長する」ことです。現在の私は、先輩方にフォローされながら仕事をしています。ですが、早く仕事を覚えていき、1人でも仕事を任されるような人材に、また今後、後輩を引っ張っていけるよう成長していきます。
TASを選んだ理由は?
東日本大震災が起きたことで、高校生の私は原子力の廃止措置に興味を持ち、原子力を学べる大学に進学しました。大学で勉強をしているうちに福井県が原子力と言う分野で貢献していることから、地元で就職したい気持ちが強くなりました。就職活動をして、色んな企業の話を聞きました。その中でTASという会社に出会い、原子力の廃止措置を行っていること、地元敦賀であることから、「この会社に入れば、自分のやりたかったことができる」と思い、TASを選びました。
現在の仕事内容は?
現在は技術2課で、放射性廃棄物の処理業務を行っています。建屋で発生した廃液や廃棄物などを環境に影響が出ないよう適切な方法で処理しています。液体、固体、様々な廃棄物があり、それぞれ適した処理方法で行わなければならないので、責任感を持って仕事をしています。