TOP > エンジニアリング > 廃止措置技術の研究・実証および廃止措置工事の施工

『お客様から満足いただける技術と人を磨く集団でありたい。』


設計から工事施工、試運転まで、One Stop Service をご提供いたします。
そして、お客様の多様なニーズにお応えすべく、エンジニアリングの強化に努めてまいります。
また、施設の有効利用やコスト削減に貢献するため、当社は日々技術開発に邁進し、お客様から満足いただけるように幅広い分野で改善提案を行ってまいります。
長年の経験で培った安全・品質管理のノウハウを駆使してお客様の研究開発等をサポートいたします。



・廃止措置技術の研究・実証および廃止措置工事の施工

 福島事故の発生以来、原子力施設の廃止措置技術がクローズアップされています。当社はいち早く廃止措置技術の研究開発に取り組んできました。既に原子力施設の壁面コンクリート中の放射性核種分析やトリチウム測定方法の調査研究、配管内残留核種の残留量・残留場所の評価、解体時に発生する排気中のダスト発生量の評価・検討、作業工程ごとの作業雰囲気の空間線量率算定、現場調査に基づく3Dデータ作成など、廃止措置技術の研究開発成果の蓄積により、今後各サイトで計画される廃止措置に貢献することが可能です。
 また廃止措置工事も国内の先駆けとして、ふげんの原子炉周辺施設の解体、撤去工事を実施してきました。
 当社は、廃止措置技術の研究開発と原子力分野における新たな研究開発を積極的に行い、お客様のご要望にお応えするための様々なご提案を行うとともに実行段階までフォローアップいたします。